厚生労働省認可☆かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所

こんにちは、神保町タワー歯科・矯正歯科の越智です。

 

この度、当院は『かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所』として厚生労働省より認可を受けました。

 

長い名称ですが、一体どういうことかと言うと・・・

 

地域の『かかりつけ歯科』として、より地域に密着した診療所ということです。

 

具体的には以下の4つの特徴があります・・・

 

①規定の研修を受けた、歯科医師・歯科衛生士がいるということ

偶発症に対する緊急時の対応、医療事故・感染症対策等の医療安全講習終了

高齢者の心身の特徴、口腔機能の管理に係る研修受講

②安全な医療を行う体制がある

口腔外バキュームの設置、高度滅菌システムの導入、酸素飽和度測定器設置

③様々な専門医院との連携がとれている

地域包括ケアシステム(医科・歯科・看護・介護連携)の構築

大学病院との密な連携(東京医科歯科大学付属病院・日本大学付属病院・東京歯科大学付属病院等)

④緊急時の体制が整っている

救急蘇生キット、AED設置

 

具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

これまで、『予防』という名目において保険診療を用いることは難しいとされてい来ましたが。

このかかりつけ歯科では、定期的なお口の中の健康管理を行うことで、

 

・初期の虫歯の予防、再発防止

・歯周病の予防・再発防止

 

を行うことが可能となりました。

 

保険診療において歯周病を管理するには多くの制限がありますが、かかりつけ歯科の認可が得られた診療所では、毎月の歯周病管理を行うことが可能となりました。

 

また、厚生労働省の意図は、高齢化に向けて、地域医療ネットワークの構築、というものもあります。

元気に当院に通院出来ている間はいいのですが、通院が出来なくなってしまった方にとって、訪問歯科診療というのはとても大切な診療分野になります。

私自信、訪問診療の経験もあります。

その経験を生かし、必要な時には患者様のご自宅へも伺えるように体制を整えております。

 

地域貢献、社会貢献できる歯科医院を目指して、今後も向上心を持って邁進していきたいと思います。

 

神保町タワー歯科・矯正歯科のHPはこちらから☆

2014★日顎2014 完成 往診

 

AED