インプラントを入れたその日に仮歯が入る!?最新のインプラント治療

こんにちは、神保町タワー歯科・矯正歯科の越智です。

 

先々週、先週、今週と、週末はインプラントの勉強会が続いております。

先週は大阪へセミナーを受講しに行って参りました。

 

私が卒業してすぐお世話になった師匠でもある、大阪の中山隆司先生が講師を務められるセミナーでした。

なかやま歯科を退職してからもずっとお世話になり続けております。本当に感謝しております。

スライド2

 

今回のセミナーは、メガジェンジャパン主催の『Any Ridge』というインプラントのセミナーでした。

このインプラントの特徴はナイフスレッドという鋭いフィンがついているため、インプラントを植えた直後の初期固定が得やすいというものです。

また、この固定の度合いを数値化する器械を用いて、根拠を持ってインプラントに早期負荷をかけることを可能とします。

もちろん数値が悪ければ、骨とインプラントが結合するのを待つのですが。

 

スライド3 スライド4

なぜ、初期固定が強く、早期に負荷をかける必要があるのかと申しますと。。。

患者様の咀嚼回復や審美的回復を早期に行う為です。

もちろん、多大なリスクを抱えて、早期に仮歯をいれて、結局骨とインプラントが結合しなければ、意味がないのですが。

このシステムの良いところは、骨との結合具合を数値化して評価できるところです。

 

また、このインプラントは患者様の骨密度によって、インプラントのフィンの長さを変えれるという特徴があります。

つまり、術者が、CTや、インプラントの手術時に骨の固さを評価し、適切なインプラントサイズを決定する必要があり、玄人向けのインプラントと言われております。

またその骨密度を評価する『デジタルアイ』というシステムも勉強してきました。

qw

 

当院でも、一日でも早くしっかり咬めるインプラント治療を実地したいと思います。

 

 

また、当院でも3D光学スキャナーと、院内で3D設計し、冠を作製する、CAD/CAMシステムを導入しているのですが。

今回CT撮影したデータと、お口の中の状態をスキャンしたデータを重ね合わせ、最もベストな位置にインプラントを設計するシステムも勉強して参りました。

『R2GATE』というシステムなのですが。

 

とにかく、3D技術を駆使したもので、歯科医療の目覚ましい進化を実感しました。

今後も研鑽を積み、よりレベルの高い歯科診療を行えるよう努めて参りたいと思います。

 

スライド5 スライド6

3Dインプラント、3D矯正、3Dセラミック治療の神保町タワー歯科・矯正歯科のHPはこちらから☆